自然正体法とは?

three_arrow

自然正体法は整体術の進化した形です。

自然正体法では、あなたの自律神経と対話しながら、痛みや症状の原因を根本から取り除く療法を行っています。短時間で、しかも痛みの伴わない施術のため、小さなお子様から高齢の方まで誰にでもご利用いただけます。 これまで治らないとあきらめていた頭痛、肩こり、腰痛はもちろん、椎間板ヘルニア、オスグッド病(症)、半月板損傷、リウマチの痛みなど、さまざまな症状の劇的な改善が期待できます。針などの器具や薬を使いませんので、副作用の心配もありません。自然正体法学院の3つの奥義に基づいた施術法は、患者さんの身体の内部から心身の健康を引き出してくれます。

これらの3つの施術法は、まったく新しい理論に基ずく施術法です。

 

その1 ペンドラムメソッド法

pic_pendulum_s身体全身を振り子のように揺らすように捻転を掛けることで体幹の緊張やゆがみを 自然に緩め整えてゆく操法です。 この操法は、受け手と施術者の捻転のリズムを同調させることで、受け手は最高の リラックス状態が身体全体に共鳴し自然な身体へと変化していきます。

このリズムを同調させることが非常に難しく、かなりの修練が必要になります。 そのため、ただ揺らすだけの方法とは結果がまったく違ってきます。

この操法の効果は全身のいろいろの痛みにとどまらず、自律神経系にも大きく影響し改善の症例が多く見られます。特に、交通事故の後遺症で原因不明とされる痛みなどには非常に有効です。

 

その2 関節包内可動修復療法

pic_kansetsu_hounai_s関節の痛みにはいろいろの原因が考えられます。
例えば、筋肉の緊張、剥離、断裂、関節のズレ、神経に関するものなどなどありますが、当院で頻繁に遭遇するのが、関節包内の炎症があります。

これにより多く見られるのが関節に水が溜まった状態です。原因としては、関節間の過度の圧迫、疲労などにより関節包内の過緊張、或いは過伸張がおこり炎症を起こし痛みを出していると考えます。

この関節包内の過緊張、過伸張を取り除き回復させるのが関節包内可動修復療法です。
この療法で多くの関節痛で苦しんでおられる方が回復されています。

 

その3 飽田式筋・筋膜リリース法

pic_kinmaku_release_s飽田式筋・筋膜リリース法を確立する前、私は骨格や筋肉をイメージしながら 施術を行っていました。
その考えを一変させたのは、ある少女の施術でした。この少女は、バトミントンを している小学生で右肩の痛みを訴え、ラケットもふれず苦しんでいました。そこで、骨格と筋肉に働きかけ施術をしましたが、いっこうに変化がみられませんでした。

そんな中、次の手法を 考えていたその時です。背中の筋膜に意識をしたら筋膜のねじれを感じたのです。そのひらめきに従って、その筋膜のねじれに働きかけるように施術をしました。その瞬間、一瞬にして痛みが取れ、以前より考えていた筋膜リリース法が効果があることを確信し、新しい手法として誕生したというわけです。

(*「リリース」=release とは、緊張した状態を「解放」するという意味です。)

この飽田式筋膜リリース法により、歯痛、頭痛、肩こり、五十肩、肘痛、腰痛、膝痛、その他様々な痛みを改善することに成功しています。 現在は、さらに発展させた筋膜検査法を確立しより確かな施術を可能にしています。

筋膜は身体全身を包んでいる、例えばウエットスーツのようなものです。
ある一部の筋膜に緊張があるとその緊張は全身に伝わり、色々なところに痛みを 起こします。
例えば、指先の痺れのある患者さんが両肩筋膜の捻じれを修正することで一瞬にして痺れが消失することもあります。



福岡 整体 福岡 整体

新着・治療症例ブログ

アーカイブ(過去記事)


ページ上部へ戻る